ホーム > 釧路町農業委員会 > 農地について
釧路町農業委員会

農地の転用について



農地転用とは?


農地転用とは、農地を住宅や工場等の建物敷地、資材置場、駐車場等農地以外の用途にする行為のことで、土地所有者自らが農地を転用する場合は農地法第4条、賃借権、使用貸借権等の権利の設定をする者または所有権の移転を受ける者が転用する場合は、農地法第5条の規定に基づく許可(市街化区域内の農地を転用する場合は届出)を受けなければなりません。
許可は北海道知事になります。申請書は農業委員会に提出してから(一社)北海道農業会議の意見聴取を経て、その意見を付して北海道へ進達されることとなります。


農地転用許可制度とは?


農地転用許可制度は、優良農地の確保と計画的な土地利用の推進を目的としています。
農地は、農業上大切なものであり、また、一度農地以外のものにされると、元にもどすことが困難であることから、将来に向かって、優良な農地を確保できるよう土地の合理的な利用を踏まえ、適正な農地の転用が行われるよう、農地の農業上の利用と農業以外の土地利用との調整を図りつつ、優良農地を確保するための「農地転用許可制度」を定めています。
この農地転用許可制度では、農地をその立地条件等により区分し、農地の転用を農業上の利用に支障のない農地に誘導しています。
なお、農地法では、宅地造成のみを目的とする農地転用は原則として許されません。

農地法第4条許可

農地の所有者自らが農地を転用する場合に該当する条文で、農地所有者が申請を行うこととなります。
農地法第5条許可

農地を転用する際に所有権の移転等が伴う場合に該当する条文で、農地所有者と買主(借主)双方の連名で申請を行うこととなります。


対象となる農地は?


すべての農地が対象になります。地目が農地であれば、耕作されてなくても農地として扱われます。
なお、農地法で定められた許可不要のものにつきましては、所定の届出が必要となります。


一般的な許可の基準は?


必要性のない転用はできません。農地を転用する場合には、立地条件を満たすと同時に下記の一般的基準を満たすことが必要です。

事業実施の確実性

  • 資力及び信用があると認められること。
  • 転用行為の妨げとなる権利を有する者の同意があること
  • 行政庁の許認可等の処分の見込みがあること
  • 遅滞なく転用目的に供すると認められること
  • 農地転用面積が転用目的からみて適正と認められること


  • 一時転用の場合は?


    前記の基準に加えて、以下の基準に適合する必要があります。
  • 事業終了後、その土地が耕作の目的に供されることが確実と認められること



  • 農地の違反転用は法律違反!


    違反転用や、転用許可の事業計画どおり転用しなかった場合等は農地法違反となり、法律に基づき工事の中止や原状回復命令がされる場合があります。また、これに従わない場合には厳しい罰則が科せられる場合があります。
    違反転用は周りの農地に迷惑をかけるだけでなく地域の秩序が乱れますので、正規の手続きをとり違反転用のないようにしましょう。

    ※個々の状況に応じて対応することとなりますので、農業委員会事務局までお問い合わせください。
    このページに関するお問い合わせ

      お問い合わせ先釧路町農業委員会事務局農地係

      〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地

      電話:0154-62-2192 (FAX:0154-62-2713)