くらしのガイド
ページ目次/機能
生活支援体制整備事業
2020年8月4日更新

 平成27年度の介護保険制度改正により、釧路町では、高齢者をまち全体で見守り、支えるための仕組みづくりのため、社会福祉法人 釧路町富喜会へ委託し、「釧路町生活支援体制整備事業」を実施しています。

 この事業では、生活支援を必要とする高齢者に対して、多様な生活支援サービスが利用できるように、また、地域でボランティア等の生活支援の担い手の養成や地域資源の発掘を行うことができるよう、生活支援コーディネーターの配置、協議体の設置等により、体制整備を実施しています。

「生活支援コーディネーター」と「協議体」

生活支援コーディネーター

 高齢者の生活支援や介護サービスの提供体制の構築に向けて、調整や統括を担います。

 詳しくはこちらPDFのチラシをご覧ください。

協議体

 生活支援コーディネーター、地域住民、町内会、地域において生活支援サービス等を提供する事業者、その他関係団体等が地域の実情に応じて参画し、生活支援コーディネーターの活動を推進するためのネットワークづくりを目的として、設置しています。

活動圏域

第1層

町内全域

第2層

介護保険事業計画において設定している町の日常生活圏域(4圏域)

  • セチリ太圏域
  • 遠矢圏域
  • 別保圏域
  • 昆布森圏域

活動内容

お困りごと調査

 地域資源の開発に向けて、高齢者が抱えている困りごと等の聞き取り調査をしています。

社会資源シートの作成

 地域にある公共施設、介護サービス事業所、介護予防サロン等の場所を分かりやすく掲載している「社会資源シート()」を作成しています

地域のお茶の間事業

 介護予防サロンの新規立ち上げに向けて、いきいき百歳体操等を各会館で実施しています。また、「サロン立ち上げの手引き()」等を作成しています。

地域サロン等指導者派遣事業

 依頼のあった介護予防サロン等に専門職等を派遣し、介護予防活動を支援しています。

 

「社会資源シート」及び「サロン立ち上げの手引き」については、釧路町介護高齢課または釧路町富喜会に設置していますので、お求めの方はお声掛けください。

上記以外の活動

SNS(インスタグラム)での情報発信

事業に関する情報を随時発信しています。

アカウント名 社会福祉法人 釧路町富喜会(946town.fukikai)

釧路町公式YouTubeでの情報配信

 釧路町公式YouTubeにて、釧路町生活支援コーディネーターが考案した「自宅で座りながらできる体操」を配信しています。

釧路町公式Ch.はこちら

生活支援コーディネーターとして活動するには

一般町民の方でもコーディネーターとして活動できます。ご興味のある方は、下記までお問合せください。

釧路町富喜会

Tel. 0154-38-5457

    健康福祉部介護高齢課地域包括支援係 〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1 電話 : 0154-40-5217 (FAX : 0154-40-5240)
    健康福祉部介護高齢課地域包括支援係 電話:0154-40-5217 FAX:0154-40-5240
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.