くらしのガイド
ページ目次/機能
国民健康保険医療給付 高額療養費
2020年8月13日更新

 医療機関で支払った自己負担額が限度額を超えた場合、申請するとその超えた分が支給されます。

限度額適用認定証をお持ちの方は証に区分が表記されています。

ご自身の区分を知りたい方は本人が確認できるものをお持ちのうえ、お問い合わせください。

自己負担限度額

70歳未満の方 (過去12ヶ月間で同一世帯での支給が3回までの場合)

所得区分 自己負担限度額
所得区分ア

252,600円+842,000円を超えた分の1%

要件に該当する場合 (注1) 140,100円

所得区分イ

167,400円+558,000円を超えた分の1%

要件に該当する場合 (注1) 93,000円

所得区分ウ

80,100円+267,000円を超えた分の1%

要件に該当する場合 (注1) 44,400円

所得区分エ

57,600円

要件に該当する場合 (注1) 44,400円

所得区分オ

35,400円

要件に該当する場合 (注1) 24,600円

注1 要件に該当する場合

 過去12ヶ月間で同一世帯での支給が4回以降の場合

70歳以上75歳未満の方 (外来のみの月の場合〈個人単位〉)

区分 自己負担限度額
3割負担の方 44,400円
2割負担の方 12,000円
所得区分II 8,000円
所得区分I 8,000円

70歳以上75歳未満の方 (外来と入院がある月の場合〈世帯単位〉)

区分 自己負担限度額
3割負担の方

80,100円+267,000円を超えた分の1%

過去12ヶ月間で同一世帯での支給が4回以降の場合は44,400円

2割負担の方 44,400円
所得区分II 24,600円
所得区分I 15,000円

所得区分

所得区分(70歳未満の方)

前年 (1月〜12月)の所得により翌年 (8月〜7月)の所得区分が決まります。

所得区分アの所得 901万円超
所得区分イの所得 600万円超901万円以下
所得区分ウの所得 210万円超600万円以下
所得区分エの所得

210万円以下

住民税非課税世帯を除く

所得区分オの所得 住民税非課税

所得=総所得金額等−基礎控除 (33万円)

所得区分(70歳以上75歳未満の方)

所得区分現役並みの所得 住民税課税所得が145万円以上
所得区分一般の所得  所得区分現役並みに該当しない方
所得区分IIの所得 被保険者と世帯主が住民税非課税 (所得区分Iを除く)
所得区分Iの所得 被保険者と世帯主が住民税非課税で必要経費・控除後の所得が0円

世帯構成、世帯所得によって異なる場合があります。

自己負担額の計算方法

70歳未満の方

下記の各項目ごとにまとめた金額に自己負担額が適用されます。

  1. 外来 (調剤含む)
  2. 入院
  3. 歯科

同じ病院であっても、上記の項目ごとに別にまとめます。

別にまとめたものでも、同一世帯で21,000円以上のものは合算できます。

70歳以上75歳未満の方

下記の各項目ごとに自己負担限度額が適用されます。

外来のみの月

 個人ごとにすべての病院を外来 (調剤含む)・入院・歯科に関係なくまとめます。

入院がある月

 70歳以上の世帯員全員のすべての病院を外来 (調剤含む)・入院・歯科に関係なくまとめます。 

申請手続等

申請

 必要

申請期間

 随時

申請期限

 診療月の翌月1日から2年間まで

申請に必要なもの

  • 被保険者証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかる書類
  • 振込先の通帳 (世帯主名義)
  • 領収書 (無い場合はご相談ください)
  • 身元確認書類 (運転免許証・パスポート等)

申請先

  • 総務部住民課保険年金係
  • 各支所窓口
    総務部住民課保険年金係 〒088-0692 北海道釧路郡釧路町別保1丁目1番地 電話 : 0154-62-2117 (FAX : 0154-62-2152)
    総務部住民課保険年金係 電話:0154-62-2117 FAX:0154-62-2152
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.