ニュース
ページ目次/機能
災害時の障がい者受け入れ確保で協定
2022年3月11日
指定福祉避難所に関する協定を締結した小松町長(右)と中島理事長
指定福祉避難所に関する協定を締結した小松町長(右)と中島理事長
 災害時における要配慮者等の指定福祉避難所の確保を目的とする協定の調印式を11日、就労継続支援B型事務所Villaあしはらの杜で行いました。この調印により、町内の指定福祉避難所は10か所目となります。

 釧路町は、特定非営利活動法人東北海道スポーツコミッションと「災害時における要配慮者等の指定福祉避難所の指定に関する協定」を結びました。

 指定福祉避難所とは、災害時に一般の避難所生活において何らかの特別な配慮を必要とする高齢者等が、安心して避難生活を送れる体制を整備した避難所のことで、町内には現在9か所の施設が指定されています。  今回の協定により新たに指定福祉避難所の指定を目指したのは、特定非営利活動法人東北海道スポーツコミッションで、町内には障がい者の受け入れ先となる施設がないため、そのなかで協定締結が結べたことは、町にとっても大変心強いものです。  今後もさらに企業や地域住民の皆さまとともに、災害に強い町を目指すため取り組んでいきます。

© 2001-2022 KUSHIRO Town , All rights Reserved.