ニュース
ページ目次/機能
真冬の空に浮かぶ熱気球からの景色を満喫
2021年2月5日
朝日を浴びて飛行する熱気球
朝日を浴びて飛行する熱気球
 釧路町観光協会主催の『熱気球体験』が先月31日、岩保木水門河川敷広場で行われ、約70人が参加しました。

 開始時の午前7時、気温はマイナス20℃。大気と水の温度差により、霧が湯気のように見える蒸気霧が立ち込める中、参加者は順番に熱気球に乗りこみました。  澄み切った早朝の空気の中、1回につき約5分の飛行時間でしたが、普段は見ることができない地上30mからの景色を、寒さも忘れて楽しんだ参加者たち。朝日が昇るとともに一斉に霧が晴れ、視界が広がると眼下には岩保木水門や野生動物の姿が見えました。

 まばゆい太陽に照らされた幻想的な湿原の雪景色に、参加者は歓声を上げていました。

© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.