ニュース
ページ目次/機能
未来を切り拓く若者のエネルギーを!~くしろ町立人間発電所~
2020年7月28日
初開催の『くしろ町立人間発電所』で講演する清水達也さん
初開催の『くしろ町立人間発電所』で講演する清水達也さん
 中学生から大学生までの若者達を対象にした、町教育委員会主催のふるさとキャリア講座『くしろ町立人間発電所』が7月25日(土)、釧路町公民館で開催されました。

 この講座は、釧路町はもとより日本の将来を担う若者達が、地域で活躍している大人達からさまざまな話を聞き、体験し、その『熱』を受け取ることで、自らを高め未来を切り拓く『エネルギー』を創り出そうとする初めての試みです。

 第1回の講師は、地域情報誌『フィールドノート』の編集長で、地域の個人経営の店を巡り取材をしている清水達也さん。仕事のかたわら音楽活動にも取り組んでいる清水さんは、若い頃にライブの案内チラシを配るため、地域の店舗に足を運んだことが今の仕事につながっていると話し、10名の参加者に向け「10代の頃の経験が大人になった時に活きてくる」と熱く語りかけました。

 また、後半は演習で参加者が記者の仕事を体験。『今、夢中になっているものは何か』をキーワードに、会場内にいる大人に各々が声をかけて取材を行いました。参加者達は、相手に質問して話を聞くことの難しさに戸惑いながらも、「動物の写真を撮ること」「独りでキャンプ」「お酒を飲むこと」など、相手が夢中になっていることを聞き出し、取材を通して感じたことをそれぞれ発表しました。

 学校の授業では学べない、いま地域で輝いている大人達の熱い魂に触れる『くしろ町立人間発電所』。第2回は8月8日㈯に開催します。

© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.