くらしのガイド
ページ目次/機能
特定不妊治療費助成事業に関する手続き
2020年4月3日更新

北海道の実施する特定不妊治療費助成の決定を受けている方を対象に、ご夫婦の経済的な負担を軽減するため、治療費の一部を助成します。

対象となる方

治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦のうち、次の全てに該当する方

  • 北海道が実施する特定不妊治療費助成の決定を受けている方
  • ご夫婦のいずれかが、治療終了時及び助成申請時に釧路町に住所がある方
  • 法律上の婚姻をしている方
  • ご夫婦にかかる町税に滞納のない方
  • 助成を受けようとする治療について、他の市町村から同様の助成を受けておらず、今後も受ける見込みがない方

対象となる治療

体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)

医師の判断に基づき、やむを得ず治療を中断した場合についても、卵胞が発育しないなど卵子の採取前に中止した場合を除き、助成の対象となります。

対象とならない場合
  • ご夫婦以外の第三者から提供を受けた精子・卵子・胚による不妊治療
  • 代理母・借り腹による治療

助成の内容

治療内容 上限額
採卵を伴う治療 1回につき5万円

以前に凍結した胚を用いるなど採卵を伴わない治療

または採卵した状態が良い卵を得られないなどのため治療を中止した場合

1回につき2万5千円
特定不妊治療に至る過程の一環として精子を精巣または精巣上体から採取する手術を行った場合 1回につき5万円

治療に要した費用から北海道の助成金を差し引いた額が上限額に満たない場合は、その額を助成します。

申請に必要なもの

  • 特定不妊治療助成金交付申請書(このページからダウンロード可能)
  • 「北海道特定不妊治療費助成事業」の助成決定指令文の写し
  • 北海道の助成申請の際に添付した特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
    健康福祉部こども健康課母子保健係 〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1 電話 : 0154-40-5213 (FAX : 0154-40-5240)
    健康福祉部こども健康課母子保健係 電話:0154-40-5213 FAX:0154-40-5240
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.