インフォメーション
ページ目次/機能
9月17日現在|新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

 町では、9月21日㈫8時より、12歳以上の全ての対象者の予約受付を開始します。

 12歳から49歳までの方へ、予約開始のご案内を9月15日㈬に発送しました。

 9月21日㈫から12歳以上の全ての対象者の予約受付を開始するにあたり、システム準備のため、9月15日㈬20時から9月21日㈫8時までコールセンター・Webでの予約受付を一時停止しています。

 なお、お問い合わせは、予約受付の一時停止期間中も、通常通り受付しています。

挿入画像2

ワクチンを無駄にしないため予約した日時に接種ができなくなった場合は、下記のとおり対応してください。

  • Webで予約された方は、Webでキャンセルを行ってください。
  • その他の方は、コールセンター(0570-087-890)に連絡してキャンセルを行ってください。

記事の目次

新型コロナワクチン接種予約方法・お問い合わせ先

予約サイトを利用したWeb予約

予約サイトはこちらからアクセスできます。

Web予約方法は下部より「Web予約操作方法PDF」をダウンロードしてください。

コールセンターへ電話予約

釧路町コロナワクチンコールセンター

0570-087-890(ナビダイヤル・有料)

8時00分〜20時00分(土・日曜日・祝日を含む)

数日程はつながりにくい状況が予想されます。つながりにくい場合は、Web予約の方法を実施していただくか、時間や日を改めてお電話願います。

予約時に用意する物

  • 接種券

お問い合わせ先

釧路町コロナワクチンコールセンター

0570-087-890(ナビダイヤル・有料)

対応内容
  • 予約のキャンセルについて
  • 副反応に関する相談
  • その他ワクチン接種に関することなど

接種スケジュール

ワクチン接種の優先順位は以下のとおりです。

接種順位 対象者 予約開始時期 接種開始時期
1 医療従事者等

2月中旬

2 高齢者施設等入所者

5月13日

3 令和3年度中に75歳以上に達する高齢者 5月17日 5月20日
3 令和3年度中に65歳以上に達する高齢者 5月31日 6月7日
4 高齢者以外の基礎疾患を有する方

7月26日

8月2日
4

高齢者施設等の従事者等

7月26日 8月2日
5

50〜64歳の年齢に達する方

8月30日 9月1日
6

その他の方(12歳以上)

9月21日 10月1日

高齢者以外の基礎疾患を有する方で次に該当される方

令和3年度中に65歳に達しない方であって、次の病気や状態の方で、通院又入院している方
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)
基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

 今後、変更となる可能性があります。

高齢者施設等の従事者等

国が定める優先接種対象者
  • 高齢者施設等の従事者
町が独自に定める優先接種対象者
  • 居宅・訪問サービス事業所従事者
  • 障がい児通所・入所施設職員
  • 児童館職員
  • 保育所・私立認可保育所職員
  • 子育て支援センター職員
  • 幼稚園職員、認可外保育施設職員
  • 小中学校教職員等
  • 給食センター調理員
  • 妊婦等

接種の手順

次の手順で接種を受けていただくことになります。

  • 接種を受けることができる接種会場や医療機関、日時を確認願います。
  • 接種の予約(Web・コールセンター)をしてください。
  • 予約した日時に接種会場や医療機関で接種を受けます。

接種当日に必要な物

  • 町から郵送された接種券・予診票
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、介護保険被保険者証、マイナンバーカード、精神障害者保健福祉手帳、自立支援医療受給者証、療育手帳、身体障害者手帳など)
  • おくすり手帳(お持ちの方)
  • 母子健康手帳(お持ちの方)

すでに指定医療機関でワクチン接種を受けた医療従事者等の方にも町から接種券が送付されますが、使用なさらず重複して接種を受けないでください。

接種会場

集団接種

会場 所在地 接種日

釧路町保健福祉センター

あいぱーる

釧路町東陽大通西1丁目1番地1

火〜金曜日

午後

木曜日は一部実施

釧路町コミュニティセンター

釧路町木場1丁目2番地

9〜11月の土・日曜日の一部

個別接種(祝日は実施していません)

会場 所在地 接種日
新くしろクリニック 釧路町睦2丁目1番地6 月〜金曜日(祝日を除く)
遠矢クリニック 釧路町河畔7丁目51番地1 月〜土曜日(祝日を除く)
ひろせクリニック 釧路町東陽大通西1丁目3-24 月〜金曜日(祝日を除く)
吉川メディカルクリニック 釧路町睦2丁目1番地2

月〜土曜日(祝日を除く)

8月2日より接種開始

医療機関へのお問い合わせは、診療の妨げとなりますのでご遠慮ください。

キャンセル・その他お問い合わせは、コールセンター(0570-087-890)へお願いします。

接種回数

同じ種類のワクチンを2回接種します(現在接種しているファイザー社のワクチンの場合、1回目の接種から20日間の間隔をおいて、2回目の接種を行うこととされています)。

祝日の関係から2回目の接種が3週間後にならない場合があります。

接種費用

無料

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受ける方又はその保護者には、予防接種による感染症予防の効果と副反応などについて理解し、自らの意志と同意の上で接種を受けていただくことになります。

接種後の経過観察

ワクチンの接種を受けた後は所定の場所で、副反応などに対し15分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は30分以上)の経過観察を行います。

ワクチンの効果と副反応のリスク

首相官邸及び厚生労働省のリーフレットをご覧ください。

ワクチンの説明書PDF

ファイザー社の新型コロナワクチン接種について

16歳未満のお子様への接種をお考えの保護者の方はこちら

接種のお知らせPDF

【ファイザー社・武田/モデルナ社】新型コロナワクチン接種のお知らせ

【ファイザー社】新型コロナワクチン接種のお知らせ(12歳以上のお子様と保護者の方へ)

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

当該予防接種による健康被害が生じたと厚生労働省が認めた方については、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_kenkouhigaikyuusai.html

住所地外接種

新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。

住民票所在地以外で接種を受ける場合であっても「住民票所在地の市町村から発行を受けた接種券」が必要となります。

住所地外での接種対象者

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
  • 入院・入所者
  • 職域接種を受ける場合 等

申請方法

住民票所在地以外での接種を希望する方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に「住所地外接種届」の届出が必要です。下記のいずれかの方法で申請してください。

市町村は「住所地外接種届」を受理した後、記載内容を確認したうえで「住所地外接種届出済証」を交付します。

住所地外接種届(申請書)(下部よりダウンロードしてください

郵送申請

「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し(コピー)」、「返信用封筒(切手貼付)」を添付して、接種を行う医療機関等が所在する市町村に郵送してください。

市町村への届出を省略できる場合

下記の場合は、市町村への届出を省略できます。接種を行う医療機関等が所在する市町村にお問い合わせください。

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つものが主治医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 職域接種を受ける場合 等

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

海外の渡航先への入国時に、相手国等が防疫措置の緩和等を判断する上で活用されるよう、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書を交付します。

この接種証明書は、海外渡航の際に必要な方へ交付するものです。それ以外の方が接種記録を必要とする場合は、接種時に発行される「接種済証」をご利用ください。

対象者

接種証明書は、当分の間、以下の2条件のいずれにも当てはまる方を対象に発行します。

  1. 予防接種法に基づく新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種(医療従事者等の先行・優先接種、職域接種、通常接種(市町村の発行した接種券を使用しての接種)等)を受けたこと
  2. 日本から海外へ渡航する際、接種証明書を所持していることにより、相手国による防疫措置の緩和が受けられるといった理由から、本証明書を必要とすること。

申請方法

申請先は、接種を受けた際のワクチンの接種券を発行した市町村(通常は住民票のある市町村)です。

接種後に転居された場合など、1回目と2回目で別の市町村の接種券を使用して接種を受けた場合には、それぞれの市町村が申請先となります。

窓口申請・郵送申請

どちらの申請方法でも、下記の添付書類が全て必要になります。

添付書類が欠ける場合には、事前にご連絡ください。

添付書類
  1. 申請書(下部よりダウンロード可能(Excel))

  2. 海外渡航時に有効なパスポート(1)

  3. 接種券のうち「予診のみ」部分(2)

  4. 接種済証又は接種記録書

  5. 返信用封筒(有効な切手等が付与されたもの)

1 接種証明書に記載されるパスポート番号と海外渡航に使用するパスポート番号が一致する必要があります。接種証明書を取得した後にパスポート番号が変わった場合には、接種証明書を改めて取得する必要があります。旅券発給申請中の方は、パスポートが付与された後に接種証明の申請を開始してください。また、外国籍の方等、外国政府の発行する旅券でも申請は可能です。

2 3がない場合、原則としてマイナンバーが確認できる書類(マイナンバーが記載された住民票の写し等)が必要です。マイナンバーが確認できる書類が提示できない場合は、接種を受けた時の住所が記載された本人確認書類でもかまいません。

「予診のみ」部分とは、以下の部分を指します。

挿入画像1

申請先
  • 郵便番号:088-0628
  • 住所:釧路町東陽大通西1丁目1番地1
  • 担当:新型コロナワクチン接種推進担当
  • 連絡先:0154-40-5214

注意事項

  • ワクチンを接種するかしないかは個人の判断であり、接種証明書の発行により、ワクチン接種を強制するものではありません。
  • この接種証明書を所持していないことをもって、海外への渡航ができなくなるものではありません。
  • この接種証明書を所持することにより、あらゆる国や地域と防疫措置が緩和された状態で往来が可能となるものではありません。いずれの国や地域への渡航時に活用できるかについては、最新の状況やを外務省のホームページにおいて随時公表されています。
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚労省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

ワクチン詐欺にご注意ください!

ワクチン接種にかかる費用は無料です。町から費用に関するお電話は一切いたしません。ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。

新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン(国民生活センターホームページ)

http://www.kokusen.go.jp/info/data/coronavirus_vshotline.html

関連情報(厚生労働省・首相官邸ホームページ等)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(電話相談窓口)

電話番号

0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間

9時00分〜21時00分(平日・土日・祝日)

関連リンク

新型コロナワクチンについて(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ)

https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/

新型コロナワクチンについて(首相官邸ホームページ)

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

新型コロナウイルスワクチン接種に関する相談窓口

副反応に関する相談先

北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

電話番号

0120-306-154(フリーダイヤル)

受付時間

9時00分〜17時30分(平日・土日・祝日)

釧路町コロナワクチンコールセンター

電話番号

0570-087-890(ナビダイヤル・有料)

受付時間

8時00分〜20時00分(平日・土日・祝日)

聴覚に障がいのある方など向けの相談先

北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

FAX番号

011-799-0338

道指定の相談様式を使用ください。

厚生労働省の聴覚障害者相談窓口

FAX番号

03-3581-6251

メールアドレス

corona-2020@mhlw.go.jp

釧路町保健福祉センター「あいぱーる」

健康福祉部 こども健康課 新型コロナワクチン接種推進担当

電話番号
  • 0154-40-5214
  • 0154-40-5213(上記がつながらない際は、こちらに連絡してください)
受付時間

8時45分〜17時15分(土日・祝日除く)

    釧路町健康福祉部こども健康課新型コロナウイルスワクチン接種推進担当 〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1 電話 : 0154-40-5214 (FAX : 0154-40-5240)
    釧路町健康福祉部こども健康課新型コロナウイルスワクチン接種推進担当 電話:0154-40-5214 FAX:0154-40-5240
記事有効期限/2026年9月30日
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.