インフォメーション
ページ目次/機能
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

町では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種をできるだけ速やかに、そして安心して町民の皆さまに接種していただけるよう、準備を進めています。

国の方針、決定により、今後見直される可能性がありますが、接種開始時期、接種場所等についてお知らせします。

ワクチン接種の目的

新型コロナウイルス感染症については、その流行及びその長期化により、皆さまの生命・健康はもとより、社会経済にも極めて大きな被害を及ぼしています。

新型コロナウイルスワクチンは、感染症の発症や重症者の発生をできる限り防ぎ、感染症のまん延を防止することが期待されています。

接種開始時期

国において、全国民に接種できるワクチン数量の確保を目指していますが、当面その調達が段階的にならざるを得ないことから、重症化リスクの高い方から順に接種することとしています。

町では国の方針に基づき、まず、5月上旬以降に65歳以上の方から接種をはじめ、順次、全町民へ接種を進める予定です。なお、ファイザー社のワクチンの場合、接種対象は接種する日に16歳以上の方となります。

現時点で、国が示しているワクチン接種の優先順位は以下のとおりですが、今後変更となる可能性があります。

接種順位 対象者 接種券の発送時期 接種開始時期
1 医療従事者等 2月中旬以降
2 令和3年度中に65歳以上に達する高齢者 4月下旬以降 5月初旬以降
3 高齢者以外の基礎疾患を有する方 6月上旬以降 未定
4 高齢者施設等の従事者 6月上旬以降 未定
5 60歳から64歳までの方 6月上旬以降 未定
6 その他の方 6月上旬以降 未定

高齢者以外の基礎疾患を有する方で次に該当される方

令和3年度中に65 歳に達しない方であって、次の病気や状態の方で、通院又入院している方
  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
基準(BMI30 以上)を満たす肥満の方

 今後、変更となる可能性があります。

接種の手順

次の手順で接種を受けていただくことになります。

  • 4月下旬以降、高齢者の方から順に「接種券」「予診票」や「接種案内リーフレット」をお届けします。
  • 接種を受けることができる接種会場や医療機関、日時を確認願います。
  • 接種の予約をしてください。(下記接種会場ともに、あいぱーるにおいて一括で電話による予約受付を予定しています。)
  • 予約した日時に接種会場や医療機関で接種を受けます。

接種当日に必要な物

  • 町から郵送された接種券・予診票
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

医療従事者等の方は、一般の方より先に接種が始まります。すでに指定医療機関でワクチン接種を受けた医療従事者等の方にも町から接種券が送付されますが、使用なさらず重複して接種を受けないでください。

挿入画像1

接種会場

集団接種

会場

釧路町保健福祉センター「あいぱーる」

住所

釧路町東陽大通西1丁目1番地1

接種日

週3〜4日間、午後から実施予定

個別接種

会場

社会医療法人孝仁会 新くしろクリニック

住所

釧路町睦2丁目1番地6

接種日

週平日5日間を予定

  • 集団接種、個別接種ともに、接種日時、接種人数など現在調整中です。
  • 新型コロナウイルスワクチン接種に関するお問い合わせは、釧路町健康福祉部こども健康課へお願いします。医療機関へのお問い合わせは、診療の妨げとなりますのでご遠慮ください。ただし、かかりつけ医が新くしろクリニックの方が、このワクチン接種実施の可否について問い合わせることを妨げるものではありません。

接種回数

同じ種類のワクチンを2回接種します(現在接種を予定しているファイザー社のワクチンの場合、1回目の接種から20日間の間隔をおいて、2回目の接種を行うこととされています)。

接種費用

無料

接種を受ける際の同意

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応などについて理解し、自らの意志と同意の上で接種を受けていただくことになります。

現在、病気で治療中の方や体調など不安がある方は、かかりつけ医等とご相談の上、ワクチン接種を受けるべきか判断してください。

接種後の経過観察

ワクチンの接種を受けた後は所定の場所で、副反応などに対し15分以上(過去にアナフィラキシーを含む重いアレルギー症状を起こしたことがある方や、気分が悪くなったり、失神等を起こしたりしたことがある方は30分以上)の経過観察を行います。

ワクチンの効果と副反応のリスク

首相官邸及び厚生労働省のリーフレットをご覧ください。

PDF

新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいこと

接種を受けた後に副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。

当該予防接種による健康被害が生じたと厚生労働省が認めた方については、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)

こちらをご確認ください。

ワクチン詐欺にご注意ください!

ワクチン接種にかかる費用は無料です。町から費用に関するお電話は一切いたしません。ワクチン接種に便乗した詐欺にご注意ください。

新型コロナワクチン詐欺消費者ホットライン(国民生活センターホームページ)

こちらをご確認ください。

関連情報(厚生労働省・首相官邸ホームページ等)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(電話相談窓口)

電話番号

0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間

9時00分〜21時00分(土日・祝日も実施)

関連リンク

釧路町の新型コロナウイルスワクチン接種に関する相談窓口

釧路町保健福祉センター「あいぱーる」

健康福祉部 こども健康課 新型コロナワクチン接種推進担当

電話番号

0154-40-5214

受付時間

8時45分〜17時15分(土日・祝日除く)

    釧路町健康福祉部こども健康課新型コロナウイルスワクチン接種推進担当 〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1 電話 : 0154-40-5214 (FAX : 0154-40-5240)
    釧路町健康福祉部こども健康課新型コロナウイルスワクチン接種推進担当 電話:0154-40-5214 FAX:0154-40-5240
記事有効期限/2026年3月2日
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.