インフォメーション
ページ目次/機能
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

 新型コロナウイルスの出現に伴い、感染防止の3つの基本である①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗いの実施や3密(密集、密接、密閉)を避ける等の「新しい生活様式」が求められています。このような「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下のとおりです。

 また、高齢者、子ども、障がい者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

暑さを避けましょう

  • 涼しい服装、日傘や帽子を使用する
  • 少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動
  • 涼しい室内に入れなければ、外でも日陰へ

エアコン使用中もこまめに換気しましょう

  • 一般的な家庭用エアコンは、室内の空気を循環させるだけで換気は行っていません
  • 窓とドアなど2か所を開ける
  • 扇風機や換気扇を併用する
  • 換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定

適宜マスクをはずしましょう

  • 気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
  • 屋外で人と2メートル以上(十分な距離)離れている時は、マスクをはずす
  • マスク着用時は、激しい運動を避ける

のどが渇いていなくてもこまめに水分補給をしましょう

  • 1日あたり1.2リットルを目安に、のどが渇く前に水分補給
  • 大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

暑さに備えた体づくりと日頃から健康管理をしましょう

  • 毎朝など、定時の体温測定と健康チェック
  • 体調が悪い時は、無理せず自宅で静養
  • 水分補給は忘れずに、無理のない範囲で
    健康福祉部こども健康課母子保健係 〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1 電話 : 0154-40-5213 (FAX : 0154-40-5240)
    健康福祉部こども健康課母子保健係 電話:0154-40-5213 FAX:0154-40-5240
記事有効期限/2020年8月31日
© 2001-2020 KUSHIRO Town , All rights Reserved.