ホーム > インフォメーション > 熱中症に注意してください
インフォメーション

熱中症に注意してください

2018年8月1日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱中症予防について


熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内でも発症し、場合によっては最悪の事態を招くこともあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、ご自身・周囲の体調変化に気を配りましょう。

予防のためには


  • 暑さを避ける(室内では扇風機などで温度を調節、外出時は日傘や帽子の着用など)
  • こまめに水分を補給する(のどの渇きを感じなくても、水分・塩分の補給を)

  • ご注意


  • 暑さの感じ方は、人によって異なります。
  • 高齢者や子ども、障がいをお持ちの方などは、特に注意が必要です。
  • 節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください。

  • 熱中症の症状


  • めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
  • 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
  • 重症になると

  • 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

  • 熱中症が疑われる人を見かけたら


  • 涼しい場所へ
  • からだを冷やす
  • 水分補給
  • 自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!
  • この記事に関するお問い合わせ

      お問い合わせ先健康福祉部こども健康課健康推進係

      〒088-0628 北海道釧路郡釧路町東陽大通西1丁目1番地1

      電話:0154-40-5213 (FAX:0154-40-5240)